そうも言えない自分がいました

練りに錬った中年テクに妻がどのように反応するのかを思い知りました。俺はその一部始終を入り口近くで見ていた(正確には亜矢子に見とれていた)片手で買い物かごを持ち、もう片方で短いスカートの前を押さえている。8月のお盆が終わっ […]

Read More →

何のことか分リません

「あたしと付き合って下さい…彼氏持ちだけど、恋人にしてほしいの!」それは一般世間じゃ許されない、我侭な発言だった。S君がなぜ私に狙いを定めたのかわかりません・・・でも私はS君の計画で操られる人形のように、彼なしでは生きら […]

Read More →